ADA プロイレイザー

ADAのプロイレイザーミニ



言わずと知れたADAコケ取りツールです^^
価格は4400円。

コケ取りに4000円なんて!と思われるでしょうが

使って納得!

それ以上の値打ちがあるツールなのです。



スポンサーリンク




アクアリウムをやってると宿命的に必ずといって
ついてまわるのがコケとの闘い。

特に水草を育成していると肥料やら光やらCO2やら
色々与えているワケなので~

コケがどうしても発生してしまいます。

1週間もしたらガラス面にコケがビッシリ(;^_^A

そんなコトもありますよね・・・

特にガラス面のコケ掃除は日々のメンテナンス
として欠かせません。


そんなコケ取り、実に面倒です。
今まではスポンジや他社スクレイパーでコケ取りを
してたワケですが・・・

力を入れて何往復もゴシゴシ。

それでもなかなか取れないコケもあったり。


そうなるとコケ掃除が面倒で億劫に・・・


そこでADAのプロイレイザーの出番!
コレ、素晴らしいの一言!

先っぽがカミソリの歯のようになってまして、
ガラス面に刃をスーっとあてるだけでササーっと
コケが取れちゃうのです。髭剃りと同じ感覚です^^

何往復もゴシゴシ擦らないと取れなかったコケも
一発で綺麗になって、ガラスの端っこや底とガラスの
際も簡単にレイアウトを全く崩さず綺麗にメンテ
できてしまう優れモノ。

今では絶対に欠かせないツールとなっています。

んでもってコケ取りツールなのにこのカッコ良さ♪


こんなツールもありますよ♪



これもステンレスで削ぎ落とすタイプだそうです。

まあ、ワタクシはADA信者だったりするんで
1000円の差ならADAのプロイレイザー買いますな。



・・・てかこんなモノまで



安いしイイかも・・・

ADAプロイレイザーそっくりさん(;´∀`)


とはいえ、ADAのプロレイザーは作りが
最高に美しいので

どれを選ぶかは価値観の問題でしょうか?


とはいえ、プロイレイザーを使えば
億劫なメンテナンスも楽しくなります^^




流木や水草の細かなコケには生物兵器を!




コケ取り生体の代表格といえばヤマトヌマエビ。
水草につくコケを掃除する役割としては最高です。

ガラス面のコケにはオトシンクルスが活躍すると
よく耳にしますが・・・
オトシンクルスは流木や葉っぱについたコケとか
茶ゴケを食べてくれる生体。
しかもコケ予防の観点で考慮したほうがよろしい。

ガラス面のコケ掃除には石巻貝がよいとも聞きますが
所詮は貝の仕事なのでムラになるし卵を産み付けるし
オススメしません。
ガラス面は人間の手で掃除する事になります。

したがってコケ取りの生物兵器の役割は
水草の葉っぱや流木の細かいところなど人間には
手の届かない部分のコケ取りを任せる。

そんな適材適所な役割分担を水槽管理に盛り込む
ことが大切かと思います。

エビのコケ取りの役割について記事は
下記を参考にしてみて下さい。
コケ取り生体としてのヤマトヌマエビ&トゲナシヌマエビ



話は変わって自分のCO2システムですがLCの電磁弁
タイマーで自動化しいます。
この電磁弁、低価格なのに発熱が少なくて安定していて
全く問題なし!オススメです。



こちらなんちゃってADAの電磁弁~♪

ADAステッカー作って貼っただけね。

所謂にバッタモン。

まあ見た目がOKなのでヨシとしとこうかと。

ステッカーチューンね(・∀・)


おすすめのCO2用電磁弁 
小型で熱を持ちにくく信頼性が高いです。






ポチっとお願いしまっす!(○ `人´ ○) タノンマスー!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




0 件のコメント :

コメントを投稿

おすすめ器具

定番の外部式フィルターエーハイム2213

夏の水温対策に!ゼンスイZC-100α

CO2添加フルセット 必要なものが全てセットで安心です^^

プロレイザー 替刃が使えるみたいです